あめくんの異変

あめくん達の噂を聞いて、たくさんの人達が仔犬部屋を覗きにきます。
ホワちゃんもその1人(*^^*)

「仔犬たち見せて~」とお昼前にホワちゃんがやってきました。
1匹づつ、あたしは付けたばかりの名前を披露していきます。
「この仔やけに小さくない?」とホワちゃん。
「あ、その仔はあめくんっていうの」などと話しながらあめくんを触っていると
「ん??あめくんの体、何か変じゃない?」と手が止まりました。
もう1度あちこち触ってみます。
「んー、まだ小さいし気のせいか」ということで、その時はお互いシェルター活動に戻りました。

その後あめくんが気になり注意して見てみると、みんなと遊んでてもすぐに横になってしまう回数が多いことに気がつきました。

「あめくんの体、やっぱり何か変かも。。。」
あたしの言葉を聞いて、ホワちゃんの表情が曇りました。
「ちょっと待ってて!」と言って部屋を出て行きました。
数分後、以前に動物病院で勤務していたゆりさんを連れてきてくれました。
「胸の鼓動が早すぎる気がする。1度病院で診てもらった方がいいかも」。。。

続いて脳外科医のMattyさんに診てもらいます。
「早めに病院で診てもらうことをお勧めします。それに皮下脂肪が少なくて栄養失調気味なのが気になります。まずは体力をつけましょう!」

ということで、Mattyさん・くろさん・あたしの3人が持ってきたのはエンシュア(医療用の栄養ドリンク)とad缶(高タンパク高栄養ペットフード)。
エンシュアは練乳のような香りのする甘い飲み物です。
早速あめくんに与えてみます。
。。。飲みません。
サークルから1匹外に出されたあめくんは「みんなのとこに戻りたいよぅ」と体をバタバタ。
サークルの中の3匹は「あめくん何やってるのー?!」と興味津々。

Mattyさんがシリンジでエンシュアを飲ませてくれました。
7ml飲むのに成功。
「少しづつでもいいから、1日に何度も飲ませましょう。」と指示をいただきました。

翌日からエンシュアを飲ませに、何度もあめくんのところに通います。
自分から飲む時もあれば、シリンジで飲ませることもあります。
あめくんが飲むたびに、ホッと安心した気持ちになります。

あめくん、たくさん飲んで大きくなってね。
そしたらみんなと同じように、元気に遊べるんだよね?
あれはきっとあたし達の心配のしすぎなんだよね?

この日はあたしが帰宅する日。
心配と不安でいっぱいになりながら、お世話の引き継ぎをしました。
帰る前に小さいあめくんをもう1度ギュッと抱きしめます。
幸せの匂い。
「あめくん、いつも想ってるからね」
祈る気持ちでシェルターを後にしました。

MAYU

c0301772_134827100.jpg

[PR]

# by amekunkun | 2013-05-14 13:32 | あめくん近況

保護された次の日

保護された次の日、あめくん達は遊んでは寝て、遊んでは寝て…の繰り返しです(^-^)

寝顔がまたとっても可愛い。
どれだけ眺めていても、可愛くて仕方がない。

そして、みんなの寝ている姿、思わず笑ってしまいました!

たまたま?
それとも、兄妹ってみんなそうなのかな?

仔犬って、おもしろい(*^^*)

MAYU

c0301772_6352791.jpg

c0301772_635539.jpg

[PR]

# by amekunkun | 2013-05-13 06:38 | あめくん近況

保護時のあめくん

あめくん達4兄妹がシェルターへやってきたのは4月20日の土曜日でした。
「今から仔犬が4匹くることになったよ」と言われ、大急ぎで仔犬部屋の準備をしました。
準備が出来たのとほぼ同時、あめくん達はやってきました。

小さな段ボールが2つ。
わくわくドキドキしながら段ボールを開けます。
「可愛い〜!」「可愛い〜!」
何度も連発してしまうくらい、とにかく可愛い4匹がシェルターに仲間入りしました(*^^*)

初めて乗ったであろう車で酔ってしまい、4匹の体は嘔吐物まみれ。
1匹づつ体を拭きながら、サークルの中へと移動させていきます。
最後に段ボールから出てきたのが「あめくん」。
「この仔だけずいぶん小さいね」と話しながら体をフキフキ。
ほとんど人間と接することがなかった4匹なので、もちろんホットタオルは初めての経験。
でもみんなとっても大人しくしていました(^-^)

その後1匹づつキャリーに入れてワクチン接種です。
動かない。。。鳴かない。。。
寒いのかなぁ?と心配になり(季節外れの大雪が降りました)ワクチン後はホットカーペットとファンヒーターのお部屋へ。
しかし、まったく動かない。鳴かない。
こんなに大人しすぎるなんておかしい。。。
「あ!」と、急いでごはんとお水を準備。
すると一斉にみんなが小さなシッポを振りながらモグモグ。
なんだ〜お腹が空いていたんだぁ、と一安心。

お腹がいっぱいになった4匹は緊張からも解放されたようで、バタバタと追いかけっこが始まりました。
でもすぐにゴロンと休憩してしまうのが、あめくん。
気になりつつも「体が小さいからかな?」とその時は思いました。

仔犬のサークルの中に足を踏み入れると「遊ぼ!遊ぼ!」と4匹は飛び跳ねます。
あたしが座ると、みんなで膝の上の取り合いです。
仔犬のおしくらまんじゅう(o^^o)
でもその後ろでポツンと座ったまま、ジーっとこっちを見つめるお目々が2つ。
。。。あめくん。
あまりの愛らしさに、ひいきせずにいられません。
膝の取り合いをしている3匹を横目に、あめくんにそっと手を伸ばす。
そして小さいあめくんをギュッと胸に抱きしめました。

シェルターに宝物が増えた日になりました。

MAYU

c0301772_8521732.jpg

c0301772_051313.jpg

c0301772_045572.jpg

[PR]

# by amekunkun | 2013-05-12 00:57 | あめくん近況

あめくんとの出逢い

こんばんは。

みなさん、はじめまして!

あめくんを応援するお家に来てくださってありがとうございます。

今回、あめくんを応援してくださっているみなさんに、保護から元気になる姿まで、是非一緒に見届けて頂くことができればと思い、メンバーがリレー式であめくんの近況をお届することになりました。



立夏も過ぎ、あめくんが生まれた村では、今頃、田んぼからカエルの大合唱が聞こえるはずなのですが。。。



私とMattyさんは、あめくん基金集め隊のメンバーであり、計画的避難区域に指定された地域をメインに給餌を行っております。

あめくんとの出逢いは、TNRの前日、ダミーの設置へ赴いた時のことでした。

前日、TNRのリーダーTokuさんより、「ある○○さん家のセッターが妊娠していて、もうそろそろ生まれているかも知れないので、見てきてもらえる?」とのミッションを受け、ダミーの設置が終了した後に、その場所へ行きました。

車を○○さん家の敷地まで走らせると。。。
いました~♪
お母さんセッターと、4匹の子供達!
あめくん達は私達の車に少し驚いたようで、お母さんのそばへ行ってしまったり、どこかに隠れていってしまいました。

その小さなお尻を左右に振って逃げて隠れようとする姿、萌えすぎですっ!

それよりも、あめくん達が元気に生きていてくれていたことが確認できてとても嬉しかったです。
あめくん達の姿がなかったら。。。
想像したくありません。(涙)

あまりの嬉しさに、カメラ撮影がなかなか追いつかず、唯一撮れた写真がこの一枚だけなのです。
c0301772_22424849.jpg

ちょっと斜めですが、お許しください。

この時が、私達があめくんと初めて出逢った時でした。

犬舎に入っていますが、出入り自由なお家なんです。(笑)

まさかこの時、あめくんが心臓に重い病気を抱えていることなんて、想像さえしませんでした。
ぬいぐるみのようにギューッと抱き締めたい位のかわいらしさ。
真ん丸お目々。
黒いお鼻。
お口。
全てが愛おしすぎて!

でも、そのことを知る瞬間は確実に近づいていたのです。。。



ホワちゃん
[PR]

# by amekunkun | 2013-05-10 23:30 | 支援のお願い