新しいお部屋♪

みなさん、お元気でしたか?

あめです♪


僕は今回、みなさんのお蔭で、肝臓と心臓の手術をして、無事に退院することができました。
きっと、肝臓も心臓も悪くて、僕のように将来ずっと長く生きることができるお友達は、もしかしたらなかなかいないと思います。

それだけ、僕は本当に恵まれているんだな!と思っています。

みなさん、僕に生きるチャンスを作ってくださって本当にありがとうございます。


僕は、先週22日の「いい夫婦の日」に退院し、僕の大好きないい夫婦のまさとお兄ちゃん&ゆかりお姉ちゃんのお家にまたお世話になることになりました。

そして、今週月曜日には手術の時の糸が全部とることができました!

c0301772_1924758.jpg

ゆかりお姉ちゃん、いつも安全運転してくれてありがとうございます。


病院は、今までの大きな大学病院でなくても大丈夫なので、近くの別の病院で糸を取ってもらいました。

僕、先生が変わってもずっとお利口にしていたんだよ!

偉いでしょ♪


僕は手術をしてから、もう他のお友達と同じくとっても元気になったので、今のお部屋では少し狭いので、まさとお兄ちゃんが僕の為に特別のお部屋を作ってくれました。

まさとお兄ちゃんは、あっという間にいろんなものを作っちゃうんです!
すごいな~。

じゃじゃ~ん♪

c0301772_19344833.jpg

僕の秘密の隠れ家です。
あの~、秘密なので秘密にしてくださいね。
叱られた時、いじけた時にここに隠れます。
あと、反省する時?かな。。。

c0301772_19364096.jpg

トイレも完成です!
これで完璧!


まさとお兄ちゃんは、僕を心配してあっという間に作ってくださいました。

そして、僕は、日当たりのいいお部屋を独り占めなうです♪
とっても広いので、ぐるぐる走ってます。
大きいお部屋に小さい隠れ家。。。なんかいいね!


c0301772_19401862.png

この写真、なかなかいけてるでしょ!
僕のお見合い写真になるかな?
悩殺、「斜め45度」のポーズどう?


僕の、「お・も・て・な・し♡」




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-27 19:58 | あめくん近況

あめくん基金のお知らせです。

皆様、TOP固定での修正にもありましたように、「あめくん基金集め隊」のご支援についてですが、大変ありがたいことに今回終了させていただくことができそうです。

これも、皆様の変わりない温かなご支援があったからこそです。

麻布大学での心臓の手術へ至るまで少し遠回りを致しましたが、あめくんにとって全てがベストの状態で行われたように思われます。

基金設立時の診断では、比較的症例の多い心臓の手術ということでしたが、病院を変える毎に異なる所見、でも、あきらめたくないという思いが強くなり、そして、皆様にもご賛同頂き大変心強い思いでした。

動物の高度医療の是非については、意見がわかれることと思います。

通常の家庭では恐らく困難な経緯でもあると思います。

そして今回は、あめくんが、「葛尾村」という原発事故による特殊な土地で生まれ、ボランティア有志の懸命な給餌によりあめくん兄弟を見つけることができ、あめくんの命を助けることができる道筋を作ってあげることが可能となりました。

特に、原発事故当初から葛尾村を守ってくれた発起人のリーダーでもあるTokuさんがいなければ、あめくんとの出会いもありませんでした。
もちろん、あめくんママのチャッピーとの出会いも。

一人では何もできません。
でも、同じ気持ちでいる仲間がたくさん集まると不可能とされていることがどんどん可能になっていくことがわかりました。
そして、その思いを同じくする仲間、ご支援頂く皆様がたくさん増えることにより、奇跡が存在するのだなということが分かりました。

基金設立時よりご支援頂いた皆様、あめくんを思い遣って頂き本当にありがとうございます。
毎月、定期的にご支援して頂いた皆様、重ね重ねのご支援本当にありがとうございます。
ギフト券を送って下さった皆様、本当にありがとうございます。
あめくんが気になり、こちらのブログにご訪問頂いた皆様、本当にありがとうございます。

あめくんが元気になるようにと、皆様お一人お一人の「願う気持ち」全てが尊くて素晴らしくて、感謝以外の言葉が見つかりません。

今後あめくんは、まだ一か月後の検診がありますが、ご支援頂いた中から賄うことができそうです。

支出の詳細は以前と同じように、セカンド固定でご報告させて頂きます。


さて、手術が成功致しましたら次はあめくんの「本当の家族」を探してあげなければいけません。
現在は、まだお問い合わせがない状況です。

これからも、あめくんとあめくんママのチャッピーの遺志も全部受け止めて下さる里親様が現れるまで、引き続き応援してください。

よろしくお願いいたします。



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-24 19:29 | 支援のお願い

あめくん、無事退院いたしました!

みなさん、いつもあめくんブログにご訪問頂いて、そして一緒にあめくんを見守ってくださり本当にありがとうございます。


ご報告が少し遅れてしまいましたが、あめくんは予定通り、昨日無事に麻布大学病院を退院することができました。


まず、先生のお話をお知らせいたします。


あめくんの術後のお散歩についてですが、しばらくは15分位から始め、様子を見ながら普通の生活・運動でよいそうです。

心臓の穴は完全に塞がり、術前と比べると、左心房、左心室含めて4ミリ程小さくなり、ほぼ正常に近い大きさになりました。

少し抜糸の箇所が残っていますが、月曜日にゆかりさんが近くの動物病院に行って下さることになっています。

それまでは抗生剤を服用しますが、その後は心臓の薬を含め、投薬の必要は一切ないそうです。

心筋収縮不全は依然残っているようですが、症状につながるような兆候はなく、今後、改善する可能性もある為、定期的に検診を受けた方が望ましいとのことです。

この検診についてですが、術後一か月後の検査結果で、年に一度で良いか、年に数回の方が良いのか、ある程度の目安がつけられるようです。


以上が先生のお話の概要です。


今後、投薬の必要がないということで、お世話もかなり楽になると思います。
お薬を一生飲まなくてはいけないというイメージがあったので、本当に良かったです。



昨日は、Tokuさん、ゆかりさん、そして、ともはるさん&あんみつさんご夫妻も駆けつけて下さり、あめくんにとって、とっても嬉しい退院となりました。


先生方に見守られて診察室に入ってくるあめくん

c0301772_1556190.jpg

やっとケージから出られる、嬉しいよ~♪


あめくん、どこでも人気者のようですね。
先生方の笑顔がとても印象的です!


c0301772_15595114.jpg

わっ!ともはるさん、あんみつさんも僕に会いに来ている!
嬉しいな!
ともはるさ~ん♪


c0301772_1605346.jpg

待合室の僕もお利口さんでしょう?
フン♪フン♪フン♪


そして無事に退院ができたあめくんの行き先は。。。


大好きな「兄貴」のまさとお兄ちゃんのお家です!


あめくんは、ゆかりさんの運転する車でTokuさんも一緒にみんなでワクワクしながら帰途につきました。

c0301772_18122886.png

ゆかりお姉ちゃん、また少しお世話になります。
いつもありがとうございます。
僕、お利口にするね!


でも。。。

c0301772_18154980.jpg

とりあえずケージ?
話が違うんだけど、どうして僕ケージの中なの?


あめくん、とっても納得がいっていない様子だったそうです。(笑)


でも、まさとさんがお仕事から帰ってきて。。。

c0301772_17103080.jpg

まさとお兄ちゃ~ん♡
会いたかったよーーー♪


あめくん、まさとさんに抱っこしてもらって、かなりご満悦ですね。
これから、「男」のお勉強、また楽しくなるね♪
サンフェイスお兄ちゃんも、あめくんを「男」にしてくれるって言っていたよ♪
良かったね、あめくん!


夜少しだけ、外の空気を吸って、

c0301772_17234525.jpg

ただいま~。やっぱりお外は気持ちよかったよ~♪


あめくん、今日は本当に楽しい一日だったね!


そして、今朝のあめくんです。

c0301772_17261889.jpg

まだ寝ぼけまなこのあめです。
あんまり見ないでね~。(笑)



今回、あめくんが大手術を終え、無事に退院することができたこと、本当に奇跡だと思います。
私達、発起人だけでは到底救えない命でした。

私達だけでなく、みんなであめくんを助けたいという思いががたくさんの奇跡を作ったのだと思います。
その結果が「今」だと思っています。

この「あめくん退院」という、またとない奇跡を作ってくださったご支援いただいた皆様方、ともはるさん&あんみつさんご夫妻、まさとさん&ゆかりさんご夫妻、ドッグトレーナーのS様、B病院の先生、そして、手術をして下さった麻布大学病院の先生方、本当にありがとうございます。


そして、あめくんをこの世に出してくれた尊いチャッピー、本当にありがとう!
これからは天国で、あめくんとあめくん兄弟を見守っていてね!


あめくん、ママから頂いた大切な命、みなさんから頂いたこの奇跡を大事にしていこうね!




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-23 18:25 | あめくん近況

あめくんママ「チャッピー」永眠

Tokuです。今日は悲しいお知らせです。
あめくんママの「チャッピー」が昨日未明永眠しました。

実は、これまで皆さまにはお話してこなかったのですが、ここ10日ほどあめくんやあめくんが産まれた葛尾村の給餌に関わる仲間の心は大きく揺れていました。

人が住めなくなった葛尾村で暮らしていた「チャッピー」。
元々、現在はその大部分が帰還困難区域に指定されている双葉町で飼われていた純血のセッターです。原発事故の後、避難する時に、元々の飼い主さんが葛尾村の知人(今の飼い主さん)に預けたのです。そして、今年の春、あめくんが産まれました。

今の飼い主さんも二日に一度は仮設住宅から葛尾の自宅に戻り、散歩をさせ、餌をあげ、かわいがってくれていました。チャッピーもこの夏までは、その長い毛をキラキラなびかせて、お庭で他の犬たちと楽しく過ごしていました。


c0301772_13332121.jpg


ところが、葛尾村の除染作業が始まり、チャッピーたちは危ないからという理由で納屋に閉じこめらるようになりました。その頃から皮膚にただれたような部分が現れ、給餌に行くたびに悪化しているようで心配していました。


c0301772_13334734.jpg



あめくんの手術の2日前、私が葛尾村の給餌に行った時にチャッピーの家に寄ったのですが・・・、その衰えぶりに驚きました。体は骨が見えるほど痩せこけ、片目は黄色く濁っていました。飼い主さんに聞くと、「食べても吐いてしまうので、痩せてしまった」とのこと。でも、おやつをもっともっととねだるほど元気はありました。

奇しくも、あめくんの手術の日に、仲間のぽこさんが葛尾村にチャッピーを迎えに行ってくれ、病院に連れて行ってくれました。

ところが、その病院では簡単な治療しかしていただけず、ぽこさんの家でしばらく預かってもらうことになったのですが、「食べても吐いてしまう、日毎精気が失われて行くようだと」ぽこさんから聞き、どこかに預かっていただきながら、しっかりと治療したほうがいいと考えていました。

その話を聞きつけたいわき市のLYSTAさんから、「うちでよかったら、チャッピーちゃん預かりますよ」と嬉しいお申し出をいただきました。

そして先週金曜日、LYSTAさんかかりつけの動物病院でチャッピーを再度診察してもらってから、LYSTAさんにお届けする予定でした。

ところが、詳しい検査の結果、チャッピーは消化器性のリンパ腫を患い、しかもかなり進行している可能性が高いことがわかりました。余命は何週間か、あるいは何日か。貧血がひどいため、もう起き上がることもできなくなっていました。そのため、即入院となりました。あめくんが手術を受けてから3日目のことでした。

c0301772_13371122.jpg


月曜日に病院にお見舞いに行った時、午前中は立って尻尾を振っていた、フードも少しだけ食べたと聞き、もしかしたら奇跡が起きるかもしれない、長くはないかもしれないけどLYSTAさんで優しい人たちに囲まれ、お散歩をしたり、ひなたぼっこをしたりできるようになるかもしれないと思いました。


ところが、火曜日の夜遅く、容態が急変し、「病院で逝かせるわけにいかない」とのLYSTAの代表の思いを病院の先生がくみ取ってくださり、夜遅くいわきのLYSTAさんまでチャッピーを搬送してくださいました。

それから、代表とスタッフの方がずっとチャッピーのそばに寄り添ってくださり、チャッピーも起き上がろうとしたりして、持ち直してくれるかなと期待していたのですが、昨日未明眠るように亡くなってしまいました。

でも、最後の10日ほどは楽しい穏やかな日々だったと思います。暗くて寒い納屋の中ではなく、いつも人に囲まれて、人に撫でられて、チャッピーと呼びかけてもらい、暖かいお部屋の中で、たくさんの愛情を注いでもらい・・・


c0301772_1339429.jpg


本当に安らかな顔で、まるで「ありがとう」と言っているかのように、チャッピーは眠るように亡くなりました。まるで、自分の命を子どものあめくんに分け与えるように・・・


c0301772_13432522.jpg


最後の日々を一緒に過ごしてくださったぽこさん、けんいちさん、LYSTA代表理絵さん、アルバイトの中川さん、ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました!

チャッピーのお骨は、できれば双葉町のお家に返してあげたいと思います。今は人が住めなくなった双葉町ですが、原発事故さえなければ、チャッピーだってまだまだ双葉の山や川を駆け回っていたかもしれない・・・

でも、あめくんがチャッピーの分もきっと元気に生きていってくれると思います。

チャッピー、生まれ変わってきたら、また会おうね!
[PR]

by amekunkun | 2013-11-22 13:45 | あめくん近況

あめくんの退院決まりました!

みなさん、いつもあめくんを応援していただき本当にありがとうございます。


昨日の検査の結果、あめくんの退院が決まりました!

退院の日にちは、22日です。

みなさん、この日は何の日かご存知でしょうか?
はい。いい夫婦の日ですね!

あめくん的にはあまり関係がありませんが(笑)、術後の検査が終わり、あめくんを一時預かりして頂けるご夫婦のまさとさん&ゆかりさんご夫妻が正しく、「いい夫婦」です♪

あめくん、お二人の多大な愛情を受けることができる楽しい日々を、また子犬時代の大切な思い出の一ページとして、ちっちゃいけれど強くなったハートに刻むことができそうですね。
多分、まさとお兄ちゃんの「男」のお勉強もあるので、増刷もあり??

良かったね、あめくん♪


さて、術後の様子ですが、あめくんは順調に回復しているそうです。
むしろ、他の子より早いくらいだそうです。
今は、抗生剤なども全て経口のものになっています。

退院までに抜糸をするそうですが、全部はできないようなので、残りは地元の動物病院でもよいということです。


これからの検診についてですが、術後一か月の検診は麻布大でしてほしいとのことです。

その後に関しては、地元の病院でも大丈夫のようです。
執刀医の先生のご意見として、年に数回のレントゲンと心エコーをお奨めしたいそうです。


今後のあめくんの生活についてですが、注意事項として、急にドッグランで全速力で走らせるのではなく、朝晩15~20分位の散歩から始め、徐々に慣らしていった方がいいとのことで、様子を見ながら、急激な運動をさせない以外は、全く普通でいいそうです。


また、詳しい内容などは、退院時に説明があるはずですので、分かり次第、退院の様子と共にご報告致しますね。



本日は、あめくん画像がありません。。。

みなさん、今夜はあめくんが元気に走り回っている雄姿をみなさんで思う存分ご想像していただけたら。。。と思います。


徐々に、あめくんが奇跡の手術を乗り越えたんだな~という実感が湧いてきました。

もう、完璧です!


これからも、里親様が見つかるまで、みなさんと一緒にあめくんを見守っていければ嬉しく思います。


いつも、本当にありがとうございます。




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-19 20:57 | あめくん近況

あめくん、元気ですよ~♪

みなさん、こんばんは!


いつもあめくんを応援して下さって本当にありがとうございます。
また、一日の中で、ほんの少しの時間だけでもあめくんを思い遣って頂きまして感謝しております。


心臓の手術から明日で早一週間を迎えようとしております。

本日は、あめくんを一時預かりして下さったまさとさん&ゆかりさんご夫妻が、手術後初めてあめくんのお見舞いに行ってくださったそうなので、その時のご報告をさせて頂きます。


手術後初のあめくん画像ですよ~。

みなさーん、準備はいいですか~?


じゃじゃ~ん♪

c0301772_18264829.jpg

まさとお兄ちゃ~ん。
ゆかりお姉ちゃ~ん。
会いたかったよ~。。。
僕、すごい手術をしたんだよ!
褒めて、褒めて!


この日のあめくん、少し大人しかったようです。
でも自慢の長~い尻尾をブルンブルン振って喜んでくれたそうです♪

きっとあめくん、まさとお兄ちゃんに一人前になった「男」を見てもらうのに、ちょっと照れていたのかな?
ちょっと「兄貴ぃ!」って甘えたいなって。。。
でも、みんなが見ているし。。。とか思ったりして。
いつもの元気印全開のあめくんではなかったようです。


そして。。。

まさとさんとゆかりさんがあめくんの部屋を出て、扉が閉まったら、
クゥ~ン。
クゥ~ン。
と寂しそうな声で鳴いていたそうです。

c0301772_1844661.jpg

もう帰っちゃうの?
僕を一人にしないで~。
もっと一緒にいてよ~。


一人ぼっちのあめくん。

体にもあめくんの分からない変な物も巻かれているし、きっと不安なのでしょうね。


明日月曜日は、あめくんの手術後の血液検査だそうです。
この検査であめくんの退院が決定するそうです。


もうすぐだね、あめくん!


しかし、私達の心配はまだ続きます。
あめくんの里親様を探してあげるまでは、あめくんを本当に幸せにしてあげることはできません。
あめくんとあめくんを本当の家族として迎えてくださる里親様の「ご縁」を結んであげなければいけません。


今まであめくんを一緒に見守ってくださった方々の中で、あめくんを家族として迎え入れたいと思って下さっている方、迎え入れたいけれど今後のあめくんにまだ不安があると感じている方、確かにどのように心配されているか、私達も理解することができます。

でも、少しでも、あめくんの家族になりたい!と思われているのでしたら、遠慮なく私達にご連絡頂けないでしょうか?

いろいろ相談をしながらも解決できる道もあるかと思います。


そして、何より私達もあめくんの本当のパパとママ、お兄さん、お姉さんに一日でも早くお逢いしたいと願っております。


どうかよろしくお願いいたします。




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-17 19:12 | あめくん近況

術後3日目のあめくん

あめくんの心臓手術から3日目。今日は午前中に主治医のF先生からご報告をいだたきました。あめくん、一番おいしい食事を完食して、それよりはおいしくない食事のほうにも口をつけたそうです! (一度に二種類の食事を出してくれているのかな?)

昨日の夕方に少し食欲が落ちたようだというのを私が心配していたので、F先生わざわざ朝の食事の様子を報告してくださったと思います。本当に、きめ細やかな対応に感謝です!

食欲が落ちたので感染症も疑われたのですが、血液検査でも異常なし、炎症マーカーの数値も改善に向かっているということで、あめくん順調に回復しています! 

昨日から自分の足で立って、尻尾を振っているそうです^^ 自分で餌を食べ、水を飲んでいるため、点滴のチューブもすべてはずされたそうです。順調に回復しているため、来週初めには退院できるとのこと。素人的にはあんなに大きく切って、一週間で大丈夫なの?という感じですが、日本はそれでも入院期間が長く、欧米では同じ手術の後、4日くらいで退院させるそうです。はあ・・・、人間だったら1ヶ月くらいは入院していそうな感じですが。

あめくん、完全復活の日近しです! あの笑顔をまた皆様にお見せすることができると思います。本当にありがとうございました!

簡単ですが、術後3日目の報告でした。
[PR]

by amekunkun | 2013-11-14 23:54 | あめくん近況

あめくん、頑張っています!

みなさん、いつもあめくんを応援して頂いて本当にありがとうございます。

みなさんも私達と同様に、あめくんのことを心配してくださっていらっしゃると思いますので、病院からの報告をお伝えしたいと思います。

まず、あめくん、今朝貧血が診られたようで、手術の時でさえしなかった輸血をしたそうです。
あめくん、頑張り過ぎたのかな…

昨日は絶食していたあめくん、午前中は大さじ3杯の食事をペロリと完食したようです。
しかし、午後になり食欲が落ちてきたようで、術後の感染症の懸念もあり、当初から投与していた抗生物質の種類が若干変更になり、より多くの菌に耐えられる抗生物質が投与されています。

また、手術後に胸のあたりへ挿入されていた体液を吸引する為の2本のチューブは取り外されています。

現在は、ICUで24時間体制の管理下で完璧な処置をして頂いてます。
麻布大の先生方、スタッフのみなさんに感謝です。

手術の時に、人工心肺から自分の心臓に切り替わる時、「僕、生きたい」と頑張って、自らの心臓の鼓動をドクンドクンと鳴らし始めたあめくん。

早く元気になりたくて、手術の後なのに今日はご飯をたくさん食べてくれたあめくん。

尻尾を降ったり、頭を上げたりして、みんなを勇気づけてくれるあめくん。


あと少し。
あと少し。
あと少しだけ頑張ろうね!

手術の後の合併症が心配される約5日間。。。
もう少しだよ!


元気になったらたくさんしたいことあるよね。

c0301772_21403342.jpg

まさとお兄ちゃんとの男同士のドライブ。
ゆかりお姉ちゃんも一緒のドッグラン。


c0301772_2143526.jpg

まゆお姉ちゃんにギューっとしてもらって、お礼にチューしたり♡

あめくんが生まれる前からあめくんを心配してくれたTokuお姉ちゃんとの浜辺のお散歩デート♫

たくさん。たくさん。


そして、「僕、こんなに元気だよ!」って、みんなに自慢できるように頑張ろうね!
そしたら、きっと、あめくんの家族になりたいとずっと見守って来てくださった新しい本当の家族が迎えに来てくれるよ!

その日をウキウキしながら待っていようね♫



大分寒くなりました。
冬並みの気温の地方もあるようですので、皆様もどうかお身体ご自愛下さいませ。
そして、引き続き、あめくんを見守っていて下さいね!



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-13 22:03 | あめくん近況

心臓手術から一夜明けて…

あめくんの心臓手術が終わって一夜明けました。祝福メッセージの数々、こちらのブログだけでなく、フェイスブック、メールなどでたくさんいただいております。本当にありがとうございました! 

本日午前中に麻布大病院に電話してあめくんの様子をうかがったところ、まだ麻酔から完全に覚めていないため、立ち上がることはできませんが、人の姿を目で追い、かすかに尻尾を振っているそうです。人が大好きなあめくんらしいです^^ 

肝臓手術の後、まだ麻酔から覚めきっていないあめくんに面会した時も、目に涙を浮かべながら、横たわって尻尾だけ一生懸命振っていた姿を思い出しました。その時も今回も、「あめくんの本当の気持ちもわからずに、人間の独断で辛い手術を経験させてごめんね」、と心の中で謝っていました。でも、手術しなかったら、今ごろはいろいろな障害が出てきていたはず。可能性に賭けたこと間違っていなかったと信じています!

夕方に主治医のF先生から私の携帯にお電話をいただいていたようですが、ちょっと家の中で行き倒れていたため(^^;)出ることができず、留守電のメッセージを伺いました。あめくん、頭を持ち上げられるようになり、経過は順調だそうです。合併症の兆候も今のところないそうです。明日も経過を報告して下さるそうで、先生方の優しいお心遣いに感謝です。

昨日は、私たち「あめくん応援団」(Toku、ゆかりさん、MAYUちゃん、ともはるさん、あんみつさん)は、手術開始から終了まで6時間近く手術室の上にあるモニター室で手術の様子を見ていたのですが、途中、肝臓の手術を執刀して下さったH先生もモニター室に入って来られ、一緒に見守ってくださいました。麻布大は優しい先生方ばかりです。 

モニター室の様子
c0301772_21322296.jpg

私たちがモニター室に入ったのが15時前、縫合が終わり、あめくんにかかっていた布が取られ、あめくんの全身を確認して、モニター室を出たのが21時近くでした。確かに長時間ですが、手に汗を握って手術の様子を見守っていたので、あっという間という感じでした。

私たちの眼下では執刀医、主治医、アシスタント含め総勢12~15名のチームが真剣なまなざしで手術を行っていたため、こちらも真剣に眼下の手術とモニターに映る大写しのあめくんの心臓を見守っていました。

事前に主治医のF先生から「血がかなり出るので、気分が悪くなるかもしれません」と言わましたが、幸い誰も気分は悪くなりませんでした。(でも、今になって手術中の写真を見ると、確かにかなり…。)不思議と、手術中は大丈夫でした^^

確かに、心臓を一時的に止めて切開した時には血が湧き出るように出て不安になりました。「ああ、あめくんの大事な血液が… あんなにたくさん… あんなに出血しても大丈夫なのかな…」と。

あめくんの心臓の中隔に開いているという3ミリ程度の穴ですが、モニターで何とか確認できました。そこを丁寧に塞いでくださったのも確認しました。たくさんの糸や何か白い四角い布切れのような物を使っていたので、どれがどのように機能するのか素人にはよくわからなかったのですが、穴は完全に塞がったと思います!

それから心臓を丁寧に縫い合わせ…、中の血液が漏れないよう手で縫合跡を押して確認し、念には念を入れながら縫合して下さっているのはよくわかりました。それと同時にあめくんの心臓は自力で再び元気に動き始めました!(それと前後して人工心肺装置ははずされました。)

ペースメーカーも必要ないほど、元気に動き始めたのです! 心電図、脈拍、(たぶん)血圧を示す数値がモニター室からも見られるのですが、それらが再び安定したことを確認してほっとしたのを覚えています。

それから、大きく開いた切開部(たぶん、25~30センチくらい)を縫合するのに1時間近くかかったと思います。あめくんにかけられていた布がはずされると、目の前に「あめくんの開き」が! ちょっとあられもない姿で、ここで紹介すると人間だったら名誉棄損で訴えられかねないくらいのあられもない姿ですが…、あめくんが頑張った様子を見ていただきたくて、あえて掲載させていただきますね。(ショッキングな画像が駄目な方、ご注意ください。)



c0301772_21343425.jpg


あめくんの顔(口に酸素チューブが入ったままでしたが)を確認し、私たちも安堵して、後は先生方にお任せして病院を後にしました。

手術は大成功でした! あめくん、長時間の手術によく耐えてくれました! 

あめくんが元気に海岸を駆ける姿が目に浮かんで、昨夜は私も一人祝杯をあげさせていただきました(^^)。

ここまで辿り着けたのも、ひとえに支援して下さった皆様のおかげです。私たちの力だけでは、どうにもできませんでした。あめくんが衰えて行くのを、早すぎる死を迎えるのをただ見守るしかなかったと思います。

本当に感謝し尽くしても足りないほど、感謝しています。ありがとうございました!

今後は、あめくんにゆっくり回復してもらいながら、クリスマスは素敵な里親さんの元で過ごせるよう里親さん探しも頑張りたいと思います。

もし、ずっとあめくんを見守ってくださっている支援者の方が里親さんになって下さったら、これほど嬉しいことはありません。

あめくんの赤い糸がどこにつながっているのかはまだわかりませんが、今後もあめくんのことを見守っていてくださいね。

福島県の被災地で産まれた小さな命ですが、皆様の善意で本来の寿命より長い命を与えられたあめくん。この輪がどんどん広がって、日本から不幸な動物がいなくなる日が来ることを願ってやみません。

長文失礼いたしました。また、ご報告させていただきます。

By Toku
[PR]

by amekunkun | 2013-11-12 21:57 | あめくん近況

あめくん、最高!!!

みなさま、今か今かと、待ち望んでいらっしゃってることと思いますが、たった今、Tokuさんからあめくんの手術成功の速報が入りました!

もう一度お伝えします。

あめくんの手術が成功しました〜〜〜♫

しかも、懸念されていたペースメーカーの装着の必要もありませんでした!

なんという強運、幸運のあめくんでしょう!

今、知らせを聞いた発起人グループ、嬉しさをどう表現していいかわかりません。(涙)

詳しい内容は、後日Tokuさんの方からお知らせ致します。

取り急ぎの朗報です。

みなさん、今夜は乾杯ですよ♫


今まで、私達と一緒に泣いたり、笑ったり、がっかりしたり、でも私達をバックアップして下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。

皆様がいつもそばにいて頂いたからこそ実現できたあめくんの輝ける未来!

ありがとうございました。

今朝のあめくんです。
c0301772_21175755.jpg

この余裕、さすが過ぎです!

東北魂、ここに参上す‼︎

あめくん、最高!


あめくん、5時間の手術がんばってくれてありがとう!

あめくんは、みなさんへの嬉しい報告を聞かせたくて本当に頑張ってくれました!

あめくんの思いも、みなさんの思いも、私達の思いも、全てが迷いなく正しかったから、叶えられた夢です。

応援してくださった方々、祈ってくださった方々、手術をしてくださった先生方、あめくんと関わって下さった全ての方々に感謝致します。






発起人一同
[PR]

by amekunkun | 2013-11-11 21:40 | あめくん近況