あめくん、ささやかな願望

あめくんを応援してくださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。

毎回「妄想」しております、私、ホワちゃんが、昨日久しぶりにあめくんと会って参りましたので、本日は「ドキュメントタッチ」でお届けいたします。


先週、あめくんの手術が延期になったことは発起人一同とてもショックでした。
まして、あめくんの状況を私達だけからの情報でしか知ることのできないご支援して頂いている皆様は、私達以上の心配と歯がゆさを感じていらっしゃると痛感しております。
本当に申し訳ありません。

でも、今回の手術が延期になったことは、きっと、あめくんをお空の上からいつも見守ってくれている白い長~いヒゲを生やした杖を持った神様が、
「今はダメじゃ、でも新しい最高のチャンスがすぐ来るから待っておれ!」
と言っているのかな?と思っています。

いえいえ、きっとそうなるはずなのですよ!
だから、絶対大丈夫!


そんな風に考えながら、私は、現在あめくんを預かって下さっているともはるさん&あんみつさんご一家を訪問させていただきました。

実はあめくんと会う前に、あんみつさんから、基本的にケージの中で過ごさなければいけないあめくんが、ケージを開けた隙に時々脱走してしまうことを聞いておりました。
まだまだ遊びたい盛りですから仕方がないですよね。。。

どんなイケワンになったか、ワクワクしながら、

そんなあめくんとの久々の「ご対面~!」(←古くてすみません。)  

c0301772_16492635.jpg
 
わっ、ホワちゃんどうしたの?
久しぶり過ぎだよ~。
もう忘れちゃうところだったよ~。

と、きっと思っているあめくん。
でも、満面の笑みで私に視線を投げかけてくれました。

Tokuお姉ちゃん、今日は私があめくんを独り占めさせていただきますっ!

あめくん、すぐに私を思い出してくれたのか、それとも、あめくんのただの大サービスかは分かりませんが、ケージの中ではしゃぎ始めました。
残念ながら、あめくんの動きが早すぎて写真を撮ろうとするとブレブレになってしまい、シャッターチャンスを逃がしてしまいました!

そして、ケージを開けた隙に、あめくん思いっきり飛び出してきて大脱走~~~。
外の世界を数十秒満喫?して来て、「いたずらしてやるからね~」的な子供のようなはしゃぎようでとっても嬉しそうでしたが、急いであめくんをケージの中へ入れました。
これが、また大変な作業でした。。。

これから、あめくんいじけモードに入ります。



c0301772_1735187.jpg

出して!
ねぇ、出して!

あめくん、あの~、枕の使い方は合ってるの。
頭を高くすることは正解。
でもね、それトイレなんだよね。。。

c0301772_1794771.jpg

お・ね・が・い!
出して~。。。

あめくん、またまた大サービスでおへそを見せてくれて必死にアピール。
このあめくんのお手々、私的にとっても「萌え」ます!
かわいい~♪

c0301772_17133028.jpg

ううぅっ。
ダメだ、手が疲れちゃった。。。
アピールイマイチだったのかな?

あめくんあきらめモードに入ってきてます。

c0301772_17153728.jpg

もう一回おへそを見せたら出してくれるかな?
サービスって大変。

あめくん、こちらをチラ見して駆け引きかしら?(笑)

c0301772_1717723.jpg

出してくれないなら、こんなことしちゃうよ~。

あらっ。(汗)
あめくん、とうとうムキってる?

c0301772_18373912.jpg

・・・・・・

あめくん、とうとういじけてしまったの?


あめくん、病院のケージは隣のケージとは仕切りがあるので、周りの様子が分からなかったけれど、ともはるさんのお家ではいつもリビングにいるので、いつもみんなを見ていることができます。

誰かがいると、構って&出してオーラをいつもアピールするそうですが、ケージの中でしか過ごすことができないあめくんが、「家族」という素敵な場所で少しでも幸せを感じていてくれたら嬉しいなと思います。
病院暮らしではやはり可哀相。

あめくん、もう少しだからがんばろうね!
たくさん、たくさん、走って、泥んこになって遊ぼうね!

きっとそんなあめくんは、お日様の光をたくさん浴びて、楽しくて嬉しくて外から帰ってきた小学生の匂いがしそうだね♪

大好きなTokuお姉ちゃんとのデートも実現しようね!
私は、Tokuお姉ちゃん、まゆちゃんの次の三番目で我慢、我慢。。。

そして、近いうちにあめくんと会う約束をして、私は帰途につきました。




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-07-29 18:51 | あめくん近況

心臓手術延期になりました。

Tokuです。
本当なら、本日はあめくんの心臓手術の日だったのですが、昨日の術前検査の結果、延期となりました。その経緯をご報告します。

私は仕事場から藤沢の日大動物病院にかけつけたのですが、予約時間の1時半に病院に着くと、既ににゃんだーボラのくろさんとMAYUちゃんがB病院からあめくんを連れてきてくれていました。

あめくん、また少し大きくなって、お利口にしていました。

c0301772_948311.jpg



受付を済ませて待っていると、執刀医のU先生が手術の説明をしてくださるということで、診察室に呼ばれました。U先生にお会いするのは初めてで、日本でもトップクラスの循環器医ということで、ちょっと恐れ多いイメージを描いていたのですが、とっ~ても優しい先生でした^^

心臓のイラストを見ながら、あめくんの心臓が現在どのような状態で、どのような手術を受けることになるのかを詳しく説明していただきました。

あめくんの心臓は右心室と左心室の間の壁と右心房と左心房の間に壁の2カ所に穴が開いているため、それをゴアテックスのような素材を当てて塞ぐ手術になるということでした。そのあて布は一生物で生涯穴を塞いでくれるそうです。

同じ疾患のシェルティーで、U先生が執刀されたケースでは、術後10年経っても元気ということでした。それを聞いて、付き添い人一同、ほっとしたものです。あめくんにも10年後がある。それまで不安90%だったのが、急に希望90%になった瞬間でした。

その後、翌日の手術に備え一連の検査を行うということで、私たちはひたすら待ち合い室で検査結果を待っていました。夕方になって、やっと検査結果が出たということで再び診察室へ。

エコー検査の結果、右心室と左心室の間の穴が3,4ミリ、右心房と左心房の間の穴が大きくて16ミリということがわかりました。尿検査では、尿酸アンモニウムが高めなので、将来結石なる可能性があることがわかりました。そして、血液検査の結果、ATIIIという数値が最低限の数値に達していないことがわかりました。標準が100~150くらいだったと思いますが、あめくんの場合70くらいしかありませんでした。あめくんの心臓手術には人工心肺装置を使いますが、この際、この数値が低いと装置の中で血液が凝固しやすいそうです。うまく循環しないと危険なわけで…、輸血を大量に使うこともできるが、それは難しいということでした。

また、APTTという数値が高いのも問題でした。上限が18のところ、あめくんの場合は20くらい。この数値が高いと出血した時、止血しづらいそうです。そのため、術後出血が止まらず、出血死の恐れもあると…

U先生はこのまま手術をするのは、あまりに一か八かすぎるので、まず肝臓の門脈シャントの治療を先にして、数値が良くなったら心臓の手術をしましょうということでした。

やっと心臓の手術にこぎつけたと思ったら、また振り出しに戻った感じで、付添人一同肩を落としてしまいました。

でも、検査を終えて戻ってきたあめくんは、「ボク、また頑張るよ」って感じで、けなげに尻尾を振って、皆に甘えてきて…


c0301772_9441567.jpg


そう、こんな事でがっかりしている暇はない。また、一から頑張らないと。最良の結果を目指してのU先生のご決断なので、まずは肝臓の機能を取り戻してもらおう。あめくんが元気に海岸を駆ける姿を思い描きながら、また頑張ります!

と言っても、そのまま日大病院に入院の予定でB病院を退院してきてしまったため、あめくんの帰る場所がなくなってしまい、どうしよう… と焦ったのですが、同じ藤沢市内のともはるさんに電話したところ、旅行中にもかかわらず、帰宅後でよければ預かれますとのこと。帰宅が10時半ごろというので、その間にB病院に戻りお薬やフードをいただき、また藤沢に戻る途中で、ともはるさん宅に置いてもらうあめくん用のケージや食器を購入して、お帰りをお待ちしていました。

旅行帰りでお疲れなのに、ともはるさんご夫妻快くあめくんと私たちを迎え入れてくださいました。B病院から伺った注意事項や投薬の説明をして、あめくんを託して帰ってきました。


c0301772_9463317.jpg


ともはるさん宅を出たのが、夜中の12時近く。愛知から深夜バスでかけつけてくれたMAYUちゃん、1日長時間車を運転してくれたくろさん、お疲れ様でした! 長~い1日でした。

今日が手術日と思い、祈りを送って下さった皆様、ちょっと残念な結果になってしまいましたが、最良の未来のための一過程に過ぎないということで、私たち今後もあめくんを健康にするためにできることをすべてやっていくつもりですので、引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

発起人一同
[PR]

by amekunkun | 2013-07-24 09:46 | あめくん近況

あめくんとの再会

7/13(土)横浜のB病院へあめくんに会いに行ってきました(o^^o)

急な訪問だったにも関わらず、快く迎えてくださったB病院の院長先生・スタッフの皆様・そして予約をとってくださったTokuさん、本当にありがとうございました!

c0301772_875637.jpgあたしが最後にあめくんに会ったのは4/22でした。
あめくんの心臓に異常があるかもしれない。。。と不安に思いながら、エンシュアやad缶でとにかく栄養をつけよう!と食事療法を試し始めた時でした。
あめくんの心臓が正常でありますように、と祈る気持ちでシェルターを後にしたことを今でもはっきりと覚えています。


あれから約3ヶ月、ついにあめくんと再会できる日がやってきました!
わくわくドキドキする気持ちを抑えながら、B病院へと足を進めます。

まず院長先生から諸注意を受けます。
・ケージ越しの面会であること
・興奮させないこと
特にこの「興奮させないこと」が重要で、いま調子の良いあめくんは遊びたくて仕方がありません。
でも1度興奮してしまうと、それをなだめるのに一苦労するのだそうです。
あめくんのためにも興奮させないようにするのが1番です。
1つ1つの注意を頭に入れながら返事をしていきます。

「では、ご案内します」と院長先生。
急に胸がドキドキドキ。。。
そして案内された部屋のケージには。。。

あめくん!!

ずっとずっと会いたかったあめくんが、ケージの中で尻尾をブンブンさせています(*^^*)

思わずケージの前の床に座って、あめくんを覗き込みます。
丸くて大きなお目目、茶色く垂れたお耳、お鼻のそばかす、あの時と変わらないあめくんがいました(^-^)

あめくんはケージの中でお腹を出してゴロンゴロン、隙間から入れたあたしの指をガジガジ、ケージの中をあっちへこっちへウロウロ。
「少しだけならケージから出してもいいでしょう」と、見かねた院長先生が苦笑しながら言ってくださいました。

ケージの扉を開けるや否や、あめくんが飛び出してきます。
興奮度MAXで動き回るあめくん。
「あめくん、ちょっと落ち着かないと。。。」と言いながら、あめくんを目の前にしてあたしの興奮度もMAXです^^;


c0301772_853219.jpgなんとかあめくんを抱きしめて写真をパチリ。
シェルターへ来た時は片手で持てるくらい小さかったあめくんが、今は両腕で抱えるのが精一杯なくらいに大きくなっていました。
ギュッと抱きしめて、あめくんをクンクン。
やっぱりあめくんは幸せの匂いがしました(*^^*)


「ではそろそろケージへ」という先生の言葉。
「ケージ越しならまだ遊んでていいですよ」と言っていただいたので、床に寝転ぶようにしてあめくんと遊びます。
お腹を見せてゴロンゴロン、指をガジガジ……そんなことを繰り返しながら、あめくんと一緒に時間を過ごしました。
あめくんに一目会えたらそれでいいって思って来たのに、30分近くも一緒に遊ぶことができました(^-^)

帰る時「あめくん、手術が終わったら一緒にたくさん遊ぼうね」と声をかけました。
あめくんはきちんとお座りをしたまま、笑顔で尻尾をブンブン。
扉へと歩きながら何度振り返っても、あめくんはお座りをしたまま笑顔で尻尾をブンブン。

「あめくん、またね!」と言って扉を閉めました。

次にあめくんに会えるのは、手術の麻酔が切れてからです。
24日に決定した、あめくんの心臓の手術。
どうか無事に終わりますように。。。


MAYU
[PR]

by amekunkun | 2013-07-17 08:45 | あめくん近況

あめくんの大学病院移送日決まりました!

Tokuです。
本日日大大学病院からあめくんの入院日のお知らせをいただきました。手術の前日、23日の午後1時半にあめくんを連れて行くことになりました。

私はお昼まで都内で仕事が入っているため、くろさんが先にB動物病院から日大病院まであめくんを運んでくださり、そこで合流することになりました。

明日土曜日はこの集め隊のまゆちゃんが、あめくんに面会に行ってくれます。まゆちゃんはシェルターであめくん兄妹のお世話をずっとしてくれて、それはもうウンチまみれになりながらお世話してくれて、あめくんの心臓の鼓動の異常にもいち早く気がついてくれたのです。普通だったら見過ごしているような異変に気づいてくれました。まゆちゃんはあめくんの命の恩人です。名付け親でもあります。

たくさんの人の愛を受けて、今のあめくんがいます。きっと大丈夫。愛は地球よりも重し!

24日の手術日はきっとどきどきすると思いますが、日大病院に行きます。手術は午後1時から。麻酔が覚めかけたあめくんに面会できるのが午後8時か9時になるそうです。

絶対に、良いニュースをお伝えできると信じています。皆さんの祈りのパワー送ってください。よろしくお願いします。
[PR]

by amekunkun | 2013-07-12 18:42 | あめくん近況

あめくんの妹(姉?)ごまふちゃん

Tokuお姉ちゃんです~

ホワちゃんの妄想記事の後は、なんか書きづらいです。って、いつもニヤニヤ読んでるんですけどね。本当にそこまであめくんに愛されていたら、光栄です^^

私もつい、手術が成功して、元気になったら… って想像してしまいます。海にも連れて行ってあげたいなあ~ 初めて見る海にどんな反応するかな~? ドッグランにも連れて行きたいなあ~

大きなドッグランがつくばにあるそうです。これは、あめくんの妹ごまふちゃんの里親みどりさんからの情報。

先日、柏で開催されているにゃんだーガードの写真展にお手伝いに行ったのですが、みどりさんがごまふちゃんを連れて会いに来てくれました!

c0301772_13555993.jpg



ごまふちゃん、ハイテンション! 全然止まってくれない。写真もブレブレ、まるで残像のよう…

みどりさんが落ち着かせてくれて、やっと写真撮れました!

c0301772_1358947.jpg


ごまふちゃん、大きくなってました! あめくんより一回りくらい大きいかな? 何しろ、シェルターで男の子たちを子分にして、走り回っていたくらいですからねえ… まだまだレディにはほど遠い… かも?

ごまふちゃんパピー教室でもお友達いっぱいできたそうです。そういう話を聞くと、遊びたい盛りでケージ生活のあめくんがちょっと不憫になってしまうのですが…

でも、手術成功したら、今まで我慢していた分、思いっきり遊ばせてあげるからね! その日が待ち遠しくてたまらないTokuでした。

まだ、大学病院への移送日は決まっていませんが、決まりましたらすぐこちらで報告させていただきますね。

いつも、あめくんの応援ありがとうございます!
[PR]

by amekunkun | 2013-07-12 14:06 | あめくん近況

僕、とうとう手術します!

みなさん、こんばんは!

あめです。


とっても久しぶりになってしまいました。

みなさん、お元気でしたか?
僕は元気すぎるくらい元気でしたよ!

この前、僕が入院している病院に、大好きなTokuお姉ちゃんと、くろさんがお見舞いに来てくれました。

僕は、Tokuお姉ちゃんに会えるのが、とっても嬉しくて嬉しくて、その気持ちを我慢するのが本当に大変でした。

最初は、Tokuお姉ちゃんとケージ越しの再会だったので、
「嫌だよ~。早く抱っこして欲しいよ~。」と必死にアピールしていました。

そしたら、Tokuお姉ちゃんが。。。

c0301772_17133687.jpg


じゃじゃ~ん!

チューとかしちゃいました。

みなさん、見えますか~?

でも、あまり見ないで~、恥ずかしいから!


僕の病院の先生が、少しだけなら、Tokuお姉ちゃんと遊んでもいいというお約束をしてくださったので、今、僕、待ってるところです。

c0301772_17183981.jpg


早くケージから出してもらいたい気持ちが顔に出て、先走っているように見える!とか言わないでね~。

一応、ドヤ顔のつもりなんだけど。。。


先生とTokuお姉ちゃん達がいろいろお話をしていました。

僕のことを話しているのはわかっています。
僕も少し大人になったから。

手術をすれば、たくさんやりたいことができるみたいなので、僕は、がんばってみようと思いました。
もちろん、Tokuお姉ちゃんとのデートとか!


次、Tokuお姉ちゃんに会えるのはいつかな~?と思いながら、僕は元気になった時の楽しいことを考えながら、毎日過ごしています。

c0301772_18362774.jpg






Tokuお姉ちゃんが帰ってからしばらくして。。。


ついに僕の手術の日が決まったようです。

7月24日です!

みなさん、僕がんばってくるから、応援してね!




あめくんを応援して下さっている皆様、とうとう決まりました!

7月24日にあめくんの手術が行われます。
大学病院への搬送の日にちはまだ決まっておりませんが、来週末か、手術の2、3日前になります。

まず、今回は心臓の手術をします。
その後、一週間の入院になります。

完全に回復したら、次は肝臓の手術をします。


やはり、発起人一同、手術の日が具体的に決まり、緊張が走りました。

でも、あめくんを応援してくださっている皆様がいらっしゃることが、とても心強いです。

皆様は、あめくんの支えであり、私達の支えでもあります。

通帳を記帳する度に、皆様のあめくんをどうしても助けてあげたいというお気持ちが本当に伝わってきます。

感謝の言葉以外見つかりませんが、

ありがとうございます!

これからも、一緒にあめくんを見守って応援してくださいね。

あめくんにエールを!


取り急ぎ、あめくんの手術の決定のご報告です。



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-07-10 18:45 | あめくん近況

皆様の善意のご報告

あめくんを応援してくださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。

あめくんの為に、お忙しい中、郵便局へ足を運んでくださったり、お手紙を書いてくださったりと、お心遣い感謝しております。

皆様が送ってくださったギフト券ですが、私がシェルターよりお預かりしたものは全て、くろさんへお渡しいたしました。

くろさんがTokuさんとあめくんのお見舞いに行くその当日、いくつかのお店を回り、皆様のお気持ちを少しでも大切にしたいということで、ギフト券の交換率の良いお店で交換してくださいました。

c0301772_20474196.jpg


皆様のギフト券です。

あめくんに元気になってもらいたいという思いがたくさん詰まっています。

詳しくは、セカンド固定のページをご覧になってください。


関東甲信越まで、梅雨が明けたようですね!

あめくんが、元気になって、楽しい夏休みが迎えれられることを祈るばかりです。
あめくんが、制限されることなく思いっきりはしゃぐことができる姿をたくさん想像しながら、見守っていきたいと思います。

一人では、数人では、到底助けることができなかった命が、たくさんの方のお気持ちが一つになり、奇跡を起こそうとしていると信じております。

引き続き、どうか、あめくんを一日の少しの時間でもいいので、思い出して、応援してくださいね!


☆一部、シェルターでまだお預かりしているギフト券がありますが、こちらはまた後日ご報告致します。



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-07-06 21:06 | 収支報告

あめくんのお見舞い

Tokuです。しばらくのご無沙汰でした。

あめくんの大学病院への移送がなかなか決まらず、悶々とした日々が続いていたのですが、あめくんを預かっていただいているB院長先生から「是非、あめくんに会いに来てください」と嬉しいお言葉あり、早速行ってきました!  実は、あめくんが興奮したら心臓に悪いと思って、お見舞いは控えていたのです。

にゃんだーガードの「くろ」さんが一緒に行ってくださいました! (写真はすべてくろさんが撮ってくださったものです。)

B病院が近づくと、なんか、ドキドキ。。あめくん、大きくなってるかな? 私のこと忘れてるかな…

そんな心配は無用。会ったとたん、あめくん、嬉しさマックス^^

c0301772_2226099.jpg



あまり興奮させちゃいけないので、ケージごしの面会です。抱きしめてあげたいのに、もどかしい。。

c0301772_22271357.jpg



あめくん、尻尾ぶんぶん振り回して、お腹も見せて大サービス^^

c0301772_22292334.jpg



でも、ちょっと見ない間に大きくなって・・・しかも、りりしくなって・・・
すごいイケワンだわ~♪

c0301772_22312728.jpg



しばらくケージ越しにあめくんを撫でたり、お話したりしていると、診療を終えた先生が付き添ってくださり、ケージの外に出してくださいました。

「お土産持ってきたんでしょ?」と催促するあめくん

c0301772_2233312.jpg



「はいはい、あなたの大好きなバフバフおもちゃ^^」

c0301772_22342946.jpg



あまり興奮させちゃいけないけど、先生が見守っていてくださるので、少しだけ大好きなおもちゃで遊ばせてあげることができました!

c0301772_22362499.jpg



c0301772_22364673.jpg



あめくん大喜びでバフバブ言わせてましたよ~ 
持って来てくれるけど、決して渡してくれない^^;


しばし遊んだ後、先生が口の中を見て、ちょっと紫色になったので、再びケージの中へ。心臓が悪いので、チアノーゼが出るのだそうです。

短い時間だったけど、あめくんの笑顔を見られて、とても幸せな気分になりました! 早く本当に健康になって、思いっきり遊ばせてあげたいなあ~

c0301772_22402715.jpg



あめくんの負担にならない程度の短時間なら面会もOKとのことですので、またすぐ行きますね~

あめくん手術大変だけど頑張るんだよ、絶対に健康になるんだよ、みんな応援しているからね、っと何度もあめくんに言い聞かせて帰ってきました。

きっとわかってくれたはず。

皆さん、いつもご支援ありがとうございます。あめくん遊びたい盛りなのに、ケージの中で頑張っています。無駄吠えもなくなり、少し落ち着きました。B病院の先生方、看護師の皆さんが愛情を持ってお世話してくださっているおかげです。本当にありがとうございます!
[PR]

by amekunkun | 2013-07-03 18:13