あめくんのお見舞いに行ってきました!

Tokuです。
先日、あめくんの一時預かりのSさんと一緒に、あめくんのお見舞いに行ってきました。

私たちが待つ診察室に連れて来られたあめくん。二人の顔を見るなり、しばし、「なんで置いていった! ワンワン!」と怒られた後、尻尾をふりふり、二人の間を行ったり来たりして、「どっちに甘えようかな~ ああ、決められないー」って感じでした。そして、うれションの嵐…^^;

支援者のNさんからいただいたおもちゃもちゃんと持っていきましたよ~


c0301772_738912.jpg



あめくん 「それ何? ちょーだい、ちょーだい」


c0301772_7383757.jpg



猟犬の血が目覚めるのか、エキサイト。音が出るおもちゃだったので、バフバフ慣らしながらご満悦でした。

c0301772_7551646.jpg



ちょっと息が上がってきたため、Sさんのゴールドハンドマッサージをしていただきました!

c0301772_7422468.jpg



よほど気持ちよかったのが、すぐに落ち着いて、うっとりするあめくん。


c0301772_745293.jpg



病院のご配慮で、ゆっくりあめくんと遊んだり、マッサージしたりする時間が持てました!

その後、院長先生からあめくんの病状について詳しい説明がありました。心臓は動脈管開存ではないかもしれないが、孔が開いているのは確かであること。門脈シャントもあるが、手術適応かどうかは大学病院に移ってから専門の先生が診断してくださること。

また、院長先生がこれまでも被災地の犬猫をたくさん助けてくださっていることを知り、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

大学病院への移送のタイミングは、大学病院側の受け入れ体制が整ってからになります。Sさんが間が開くようなら、それまで自宅で引き取りたいと申し出て下さったのですが、院長先生はあまり異動させないほうがいいでしょうということでした。あめくんの病院生活しばらく続きそうです。

でも、食事管理をして下さっているおかげか、あめくん少し大きくなりましたし、看護師さんんたちに可愛がられているようでした。


c0301772_753468.jpg



頑張れ、あめくん!
みんな、応援しているよ~!
[PR]

by amekunkun | 2013-05-31 07:21 | あめくん近況

通帳・キフト券

c0301772_23224937.jpg

皆様、ご支援ありがとうございます。

上の写真は、この基金用に作成した口座通帳です。
個人口座と違って基金口座を設けるには、基金の趣意書を
提出して認められなければ出来ません。
ホワちゃん、初めての申請でドキドキだったそうです。

下の写真、たくさんの封書は送っていただいたギフト券です。
換金でき次第、収支報告に上げさせていただきます。



今後ともご支援よろしくお願いいたします。


くろ
[PR]

by amekunkun | 2013-05-30 12:00 | 収支報告

あめくんフォトムービー

あめくんフォトムービーです。

可愛いあめくん。
頑張れ!あめくん。

一緒に応援してください。
一緒に祈ってください。









 ゆり
[PR]

by amekunkun | 2013-05-29 14:26 | あめくん近況

あめくん初めての入浴

実はあめくん、上京する前にお風呂に入ったんです。
生まれて初めてのお風呂です。
c0301772_2334059.jpg


シャワーも初めてだし、体中が泡だらけになるのも初めてです。
初めてばかりのことで、あめくんの小さな心臓はいつも以上にドキドキ。

でもそんなあめくんの気持ちとは反対に、あめくんの姿はとっても可愛いんです。

c0301772_2355187.jpg


みなさん、キュンキュンしてください(*^^*)


MAYU
[PR]

by amekunkun | 2013-05-28 20:00 | あめくん近況

あめくんの病気

あめくんを横浜のB病院に預けて早や1週間
先日病院に電話して伺ったところ、元気に遊んでいるそうです。既に食事の管理と投薬が始まっているそうですが、あめくんよく食べているそうです。

検査が進むたび、悲しい現実がわかってきています。あめくんの心臓は、心房中隔欠損だけでなく、おそらく弁膜にも欠陥があるとのこと…

心臓だけで複数の欠陥がある可能性があるそうです。学会でもこれまで発表がないほどの珍しい症例だとか。。

そのため、大学病院のU先生がご自分の研究の一環として、執刀してくださることになりそうです。手術や診療のデータはすべて大学に提供することになります。それで、今後現れるかもしれない同じような疾患の犬猫を救えるのであれば、あめくんも喜ぶと思います。

あめくんの場合は、幸か不幸か、飼い主のいないと言うか、飼い主から放棄された(?)被災犬から産まれた子犬であるため、特別な配慮をいただいております。

私たちとしては、研究対象でも何でも、あめくんの心臓を治していただければいいのです。そのためには、あめくん、手術頑張ろうね!

と思っていたのですが、事態はそれほど簡単ではなく、あめくんは肝臓に門脈シャントがあるため、それが手術可能かどうかにかかっているのです。

手術不適応の場合は… 残念ですが、寿命は半年から1年。
心臓手術をしていただく意味がありません。。万が一、門脈シャントが手術不適応であれば、あめくんには残りの寿命をできるだけ楽しく、子犬らしく過ごさせてあげたいと思います。

今はただ、門脈シャントも心臓の疾患も手術適応であるのを願うだけです。

皆さん、一緒に願っていてください。


c0301772_2040821.jpg



来週、一時預かりのSさんと一緒に、あめくんのお見舞いに行ってきます♪

その様子をまたご報告しますね~

By Toku
[PR]

by amekunkun | 2013-05-27 19:41 | あめくん近況

あめくん、デート当日?

みなさん、こんにちは。

あめです。

今、僕は、入院している病院で、Tokuお姉ちゃんのことや、ドッグトレーナーのお姉さんのことや、福島のママのことなどいろいろ思い出しています。

昨日は、Tokuお姉ちゃんが僕をお迎えに来てくれて、車でお出かけする前の日のお話をしました。
今日は、その、大事なデート?の日のお話です。。。


僕は、Tokuお姉ちゃんが、明日の朝、僕を迎えに来てくれるということを聞いて、ウキウキしてなかなか寝付けなかったけれど、結局のところ少しは眠ってしまったみたいです。

翌朝、ドッグトレーナーのお姉さんが、僕を起こしに来てくれました。

「あめくん、起きて。もうそろそろTokuお姉ちゃんが迎えに来るよ!」
「う~ん。昨日全然眠れなかったから、まだ眠いよ~。」
「あめくん、Tokuお姉ちゃんに、かっこいいところ見てもらうんでしょ?」
「あ、そうだった。うん。起きるね!」

ピンポーン。

「あ、Tokuお姉ちゃんが迎えに来た!」

嬉しいけれど、すぐお出迎えにいくと、僕の気持ちが丸見えになっちゃうから、少し余裕を見せてみようっと。

c0301772_18374660.jpg

僕はTokuお姉ちゃんにすぐ会いにいかないで、サプライズ作戦で、いきなり僕のお気に入りのぬいぐぬみをプレゼントしようと考えたり。。。

c0301772_18412953.jpg

大人の余裕なんて子供の僕にはやっぱり無理だと思って、嬉しさを思いっきり表してみたり。。。

僕は、いろんな作戦を考えちゃったりしました。(笑)

「あめく~ん。元気だった~?さぁ、車に乗ってお出かけしようね~♪」
「うん。早く行こう!どこに連れて行ってくれるのかな?」
「横浜に行くよ。」
「え~。横浜?横浜って海が見れるんだよね?僕、福島の山の中にしかいなかったから、海を見てみたいな~。海って大きいんでしょう?」

僕はこの時、ママが僕の名前をつけてくれたMAYUちゃんが、何故「あめ」とつけてくれたのかお話してくれたことを思い出しました。

雨がたくさん降ると川ができる。
川ができると川は海になる。
海からは水蒸気が出て、雲になって、雲はあめを降らす。

僕は、みんなにとって絶対なくてはならない大事な大事な存在なんだよ!って。。。

だから、僕は僕の名前のルーツの一つの『海』を絶対に見てみたいな~と思っていたのです。

「さあ、あめくん。着いたよ~。」
「うん。はーい。」
「車降りようね~。」

「ん~?
この言葉のやり取りって、この前の嫌なパターンにとっても似ている。」

僕は、この時既に、今日は楽しみにしていたデートではないことを感じ始めていました。
そして、僕があまり好きじゃない検査をするということを。。。

c0301772_19141428.jpg

僕の体をたくさん触るのかな?
嫌だな。

c0301772_19143911.jpg

あまり僕の体触らないで~。
僕、疲れちゃうよー。

この後、Tokuお姉ちゃんと、お医者さんがいろんなことをたくさんお話していました。

全部のお話は僕には分からないけれど、僕の病気があまり良くないみたいなことは、Tokuお姉ちゃんのお顔を見ると、子供の僕でも分かってしまいました。

そして僕がここでしばらく一人で検査で入院することも。。。


ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-05-26 19:41 | あめくん近況

あめくん、デート前夜?

みなさん、こんばんは。

あめです。


僕は今、僕の病気がどんな風になっているのか調べるために、ずっと入院しています。

一人でいると、Tokuお姉ちゃんと一緒に、福島から東京へ来たことを思い出してとっても寂しくなります。

でもそんな時は、僕は、楽しかった時のことを考えてがんばっています。


その一番はね。。。

ある日、僕が、ドッグトレーナーのお姉さんのお家でお勉強をしていた時、お姉さんがとっても嬉しいことを言ってくれたのです。

「あめくん、明日、Tokuお姉ちゃんが来るよ。車でお出かけするんだって!」
「え~。本当に?本当に、Tokuお姉ちゃんが来るの?そして僕をドライブに連れて行ってくれるの?わ~い!やったー!」
「今日はお利口にして早く寝ようね~」
「うん。分かった。僕早く寝るよ。」

僕はTokuお姉ちゃんが明日僕に会いに来てくれるって聞いた時、Tokuお姉ちゃんの家での楽しかったことをたくさん思い出しました。

c0301772_22284739.jpg

Tokuお姉ちゃんが、田舎生まれの僕を気遣ってくれて、僕をお外で日向ぼっこさせてくれました。
太陽の匂いがしてとっても気持ちよかった~。

c0301772_22392013.jpg

Tokuお姉ちゃんに遊んでもらっている時、僕はかっこつけるのを忘れて、こんなお顔になっているの知らなかったこと。
僕のお顔大丈夫?
イケてるかな?

c0301772_22413750.jpg

でも少しはかっこつけなくちゃと思って、年下の男の子作戦にトライしてみました!
ちょっと甘えん坊な感じだけど。。。


僕は、Tokuお姉ちゃんのお家での楽しかったことをたくさん思い出しているうちに、何だか今度はウキウキして眠れなくなってきました。

ドックトレーナーのお姉さんに、
「あめくん、早く寝ようね!」
と言われても、僕のちっちゃな心臓はいつもよりもドキドキしていました。
僕の病気は本当は、もしかしたら『初恋』っていう病気?
だったら、大人の仲間入りしたみたいでとってもとっても嬉しいな~♪
みんなが言っている病気じゃないといいな。。。

「う~。早く明日にならないかな~。明日になったらTokuお姉ちゃんとドライブに行けるんだ~。」

僕は、目をつぶってがんばって羊の数を数えていたら、もう1000匹を超していました。




ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-05-25 23:10 | あめくん近況

あめくん、お勉強なう

みなさん、こんばんは。

あめです。

昨日は、Tokuお姉ちゃんから、僕の体のショッキングなお知らせを聞いてきっとびっくりしたと思います。
僕も、僕の体の中でそんなに大変なことが起きているなんて信じたくないです。

どうして僕は健康に生まれてこれなかったのかな?
いろいろ考えていました。

でも、僕は、僕を心配してくれるみなさんと出逢えたことがとっても嬉しいです。
僕には応援してくれるお友達がたくさんできたことがとっても嬉しいです。

今日は、僕が病院へ検査入院するまでのお話をしたいと思います。

僕は、Tokuお姉ちゃんとバイバイしてから、お勉強を教えてくれる先生と一緒に暮らすことになりました。

僕は、他のお友達と違って、嬉しい時にたくさんはしゃいだりすることをしてはいけません。
僕は、怒りたい時に、ワンワンと大きな声で話したりすることができません。
僕は、寂しい時に、クーンと泣いたりすることができません。

なぜなら、僕の心臓が僕の心の気持ちについていくことができないからです。

だから、僕は、僕の心の中の気持ちを自分でコントロールするお勉強もしなければいけません。

でも、少しづついろんなことを覚えることができました。

僕はいろんなことを思いっきり表現できない代わりに、一つだけしてもいいことがあります。

それは何でしょうか?

答えは。。。





大好きな人にたくさん甘えられることでーす!

僕はこの時いつも「やったー」って思います。
本当は、ピョンとジャンプして、たくさん「やったー」としたいけど、今はジャンプしたい気持ちは、「心のポケット」にしまっておきたいと思います。
元気になったら、ドラえもんのポケットみたいに、いろんなものをたくさん出すことが、僕の夢です。


ホワちゃん


追伸:あめくん、大事なところを隠すのまだお勉強していなかったかも。。。(笑)
c0301772_23434641.jpg

[PR]

by amekunkun | 2013-05-22 23:52 | あめくん近況

ショックなニュースが・・・

Tokuお姉ちゃんことTokuです。
(実際は… お○さ○です。おっさんじゃないですよ~ 笑)

これまで、あめくんにたくさんの方から様々な形でご支援が寄せられ、発起人一同まで温かい気持ちにさせていただいております。ありがとうございます。

支援金や金券を送って下さった皆様。

あめくんの一時預かりを引き受けて下さり、これからの入院生活を考え、セルフコントロールを教えて下さると同時に、たくさんかわいがって下さっている一時預かりのSさん。

(S家のわんちゃんたちにも馴染んだあめくん)
c0301772_2116518.jpg



そしてこの度、Facebookであめくんのことを知り、懇意にされている動物病院にあめくんの治療について相談して下さったAiさん。
Aiさんご自身もずっと福島県の被災地での動物保護に関わっていらっしゃいます。

Aiさんのご紹介で昨日、横浜市青葉区にあるB動物病院にあめくんを連れて行きました。(院長先生から、なぜか仮名でというご要望なので。)

東京のSさん宅であめくんを引き取り、横浜までの2時間近く、あめくんクレートの中でおとなしくしてくれていました。早速、トレーニングの効果です。

B動物病院に着いて、他のわんこにごあいさつ!

おおっ、大人のわんこにも上手に挨拶できるようになったね。(^^)
初めての人にもご挨拶。


c0301772_2121234.jpg




でも、やっぱりすぐにへたっとしてしまう。。。


c0301772_21235672.jpg



聴診器を当てて診察して下さったT先生から「もしかしたら、他の疾患もあるかもしれない」と。さらに、「心臓に欠陥がある場合には状態が急変して、急死することもある」と。。。

不安な気持ちのまま、あめくんを検査のため先生方に託してきました。


c0301772_21243914.jpg



雨の中、紹介者のAiさんもわざわざ病院まで来て下さりました。


その夜、AiさんがB病院の院長先生の所見を伝えて下さいました。
ショックでした。。心臓の手術を受ければ、穴をふさいでしまえば、きっと元気になれると信じていたのに…

あめくんの心臓疾患は、おそらく「心房中隔欠損症」だろうとのことでした。しかも、それ以上に重篤なのが、肝臓門脈シャント。素人の私にはよくわかりませんが、どちらも先天的な疾患だそうです。ベテランの院長先生でさえ、両方の疾患を持っている子は初めて見たとおっしゃるくらい稀なケースだそうです。しかも、心臓が肥大し始めていると。。

どうして、あめくんだけ? 他の兄弟はみな元気で大きく育っているのに?

母犬のチャッピーは原発に近い双葉村から原発から25キロくらいの葛尾村に避難している被災犬です。原発事故との因果関係を考えずにはいられません。なんの根拠もありませんが。

でも、B病院の院長先生が大学の後輩である日本トップの循環器専門外科医の先生に手術をお願いしてくれるそうです。しかも、事情を説明し、手術代まで交渉してくださると。通常なら優に百万円はかかるでしょう。人工心肺装置を使っての手術になるそうですから。あめくんは本当にラッキーな子です。元気に駆け回って欲しいという皆の思いが、大きなネットワークになりつつあります。

それだけのお金があれば、他の犬猫100匹は救えるという人もいるでしょう。でも、私たちは、今目の前にいるこの子の命をまず救いたいのです。私たちにはそれを可能にできるだけの団結力と組織力とネットワークがあると信じています。私一人では決してできません。

皆様の温かいご支援だけが頼りです。あめくんが笑顔になる日まで、元気に駆け回る日まで、どうぞ見守っていてください。
[PR]

by amekunkun | 2013-05-21 21:28 | あめくん近況

あめくんの病気について vol.1「卵円孔開存症と動脈管開存症」

あめくんは、最初の病院で「動脈管開存症」、次の病院では「卵円孔開存症」と診断されました。

それらは一体どんな病気なのか、このページでお話をしようと思います。
(※私は獣医ではありませんので、犬では異なる部分があるかもしれません。その場合にはご指摘願います。)

心血管の解剖は立体的で複雑です。
なかなか理解するのは難しいとは思いますが、この長文にしばしご辛抱いただき、少しでもご理解いただければ幸いです。

------------------

【正常循環】

私達の体は、酸素をエネルギー源として動いています。

酸素はエネルギーとして使用されると、二酸化炭素という燃えカスに変わります。
酸素を体中に運び、二酸化炭素を回収するのは、血液の役目です。
二酸化炭素は、肺において酸素と交換されます。
つまり、肺に入る前の血液は最も酸欠状態の血液肺から出た直後の血は最も酸素が豊富な血液になります。
なお、血液を全身に送り出すポンプの役割を担うのが、心臓です。

c0301772_12154189.jpg
簡略図で表すと

①心臓から出た血液は、全身に酸素を届け、

②二酸化炭素を回収して心臓に戻ります。

③次に、肺をまわって、二酸化炭素を体の外へ出し、酸素を取り込みます。

④肺を出た血液は再度心臓に戻り、全身へと送り出されます。


(実際は、心臓は4つの部屋に分かれています。
この一連の血液の流れは、心臓の各部屋を使用しながら一方通行になっています。)


【胎児循環】

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる間、羊水に浸かっていますので、肺から酸素を取り込むがことができません。
そんな赤ちゃんに酸素を届けているのが、胎盤です。

胎盤を通じて入ってくる酸素の量は、決して多くはありません。
その大切な酸素を無駄なく体中に運べるよう、胎児の体はそれに順応した形になっています。

c0301772_12161369.jpg
①胎盤は、全身から心臓に血液が戻る途中に位置しています。
(※厳密には若干異なるのですが、便宜的にそう説明させてください。)
 胎盤から酸素を取り込んだ血液は、心臓に戻ります。

②次に、肺に行ってしまうと、せっかくの酸素が一部無駄になります。
そこで、肺を通らないように血液をバイパスするのが、卵円孔と動脈管です


卵円孔:心臓の中にあるバイパス路
(心臓の部屋と部屋の間に穴が開いている)

動脈管:心臓の外にあるバイパス路(血管)

③卵円孔を通り抜けた血液は、心臓から体中に送り出されます。

④動脈管を通り抜けた血液は、心臓から送り出された血液と合流して体中に向かいます。

これが、胎児循環です。

出生すると当然、胎盤から酸素を受け取れなくなります。
出生してすぐに「オギャー」と泣く事で(犬も「オギャー」なのか?)、肺に一気に空気が入ります。
そうすると、肺に血液が流れるようになり、最初にお話した正常循環へと移行します。
卵円孔と動脈管は、その役目を終え、通常は出生後数日で自然に閉鎖します。


【卵円孔開存症と動脈管開存症】

ここまできたところで、やっと病気のお話に移ります。

胎児循環において重要な役割を担っていた、卵円孔と動脈管。
これが生後に閉鎖することなく残ってしまっているのが、卵円孔開存症と動脈管開存症です

心臓から全身に向かう血液の圧力と、肺に向かう血液の圧力を比べると、全身に向かう血液の方が圧倒的に高圧です。

c0301772_1216377.jpg
①卵円孔や動脈管が残ったままだと、圧の高い方から低い方へ、つまり胎児期とは逆方向に血液が流れます。
その結果、全身に向かうはずの血液の何割かが肺に流れ込みます。

②肺は血で充満し、

③逆に体は血が足りない=酸欠状態となります。


これが、今のあめくんの体に起こっていることです。
ちょっとはしゃぐと座り込んでしまうのは、体が血液不足の酸欠状態で苦しいからなのでしょう…。


【今後起こりうる事】

肺に血がたくさん入り続けていると、肺に向かう血管が徐々に詰まってきます。
そうすると「肺高血圧」の状態となり、いずれは体の血圧よりも高圧になってしまいます。

c0301772_1216575.jpg
①この状態になると、卵円孔と動脈管を流れる血液の向きがまた逆方向、つまり、胎児期と同じ方向になります。
この状態を「Eizenmenger症候群」と言います。

②肺に血液が流れにくくなるので、酸素が血液になかなか取り込まれません。

③体をめぐる血液は、酸素が不足している血液となり、チアノーゼが出現します。


心臓に大きな負担がかかり続けるため、心不全や不整脈が出現します。
この状態になると、もう手術をすることはできません。
手術をしてしまうと、肺高血圧がさらに悪化してしまうからです。
お薬(血管を広げる薬や、心不全、不整脈の薬)や、心肺同時移植(動物でもやるのかしら?)が必要となります。

その他としては、動脈管に動脈瘤ができたり、感染症(感染性心内膜炎)や脳梗塞(脳塞栓症)を起こす危険があります。

Eizenmenger化してしまう前に、無事に手術治療をしてあげることができれば、今後元気に生活できる可能性が高くなります。
従って、一日も早い診断と治療が望まれます。


----------------

本日から、あめくんは検査入院をします。
一日も早く、元気にはしゃぎ回ることができるよう、皆様も一緒に祈っていてください!
よろしくお願い致します。

あめくん、いつも皆がついてるよ。
ちょっとだけ頑張ってこようね!


Matty
[PR]

by amekunkun | 2013-05-20 12:21 | あめくんの病気