あめくん基金のお知らせです。

皆様、TOP固定での修正にもありましたように、「あめくん基金集め隊」のご支援についてですが、大変ありがたいことに今回終了させていただくことができそうです。

これも、皆様の変わりない温かなご支援があったからこそです。

麻布大学での心臓の手術へ至るまで少し遠回りを致しましたが、あめくんにとって全てがベストの状態で行われたように思われます。

基金設立時の診断では、比較的症例の多い心臓の手術ということでしたが、病院を変える毎に異なる所見、でも、あきらめたくないという思いが強くなり、そして、皆様にもご賛同頂き大変心強い思いでした。

動物の高度医療の是非については、意見がわかれることと思います。

通常の家庭では恐らく困難な経緯でもあると思います。

そして今回は、あめくんが、「葛尾村」という原発事故による特殊な土地で生まれ、ボランティア有志の懸命な給餌によりあめくん兄弟を見つけることができ、あめくんの命を助けることができる道筋を作ってあげることが可能となりました。

特に、原発事故当初から葛尾村を守ってくれた発起人のリーダーでもあるTokuさんがいなければ、あめくんとの出会いもありませんでした。
もちろん、あめくんママのチャッピーとの出会いも。

一人では何もできません。
でも、同じ気持ちでいる仲間がたくさん集まると不可能とされていることがどんどん可能になっていくことがわかりました。
そして、その思いを同じくする仲間、ご支援頂く皆様がたくさん増えることにより、奇跡が存在するのだなということが分かりました。

基金設立時よりご支援頂いた皆様、あめくんを思い遣って頂き本当にありがとうございます。
毎月、定期的にご支援して頂いた皆様、重ね重ねのご支援本当にありがとうございます。
ギフト券を送って下さった皆様、本当にありがとうございます。
あめくんが気になり、こちらのブログにご訪問頂いた皆様、本当にありがとうございます。

あめくんが元気になるようにと、皆様お一人お一人の「願う気持ち」全てが尊くて素晴らしくて、感謝以外の言葉が見つかりません。

今後あめくんは、まだ一か月後の検診がありますが、ご支援頂いた中から賄うことができそうです。

支出の詳細は以前と同じように、セカンド固定でご報告させて頂きます。


さて、手術が成功致しましたら次はあめくんの「本当の家族」を探してあげなければいけません。
現在は、まだお問い合わせがない状況です。

これからも、あめくんとあめくんママのチャッピーの遺志も全部受け止めて下さる里親様が現れるまで、引き続き応援してください。

よろしくお願いいたします。



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-11-24 19:29 | 支援のお願い

ギフト券での御支援の受付を再開します!

長期にわたりギフト券の受付ができない状態が続いてしまい、大変申し訳ございません。
ギフト券のでの御支援の受付を再開致します。

①以下の住所へ送付をお願い致します。

②送付の際、トップ固定記事のコメント欄に、送付の旨の書き込みをお願い致します。
(受け取りが遅れ、御支援頂いた方に返送となってしまうことを防止するためです。)

お手数をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

〒964-8799
福島県二本松郵便局留
あめくん基金集め隊 係



いよいよ、あめくんの心臓の手術日が2日後に迫りました。

これまで、たくさんのハードルを飛び越えてきたあめくん。
今回の大きなハードルも、難なく飛び越えてくれるものと信じています。
今後とも、応援よろしくお願い致します。
[PR]

by amekunkun | 2013-11-09 12:52 | 支援のお願い

ご支援の程よろしくお願いいたします

あめくんが保護されてから、もうすぐ半年が経ちます。
あの時は片手で持ち上げられるほど小さかったあめくんも、今は両手で抱えきれないほど大きくなりました(*^-^*)

c0301772_1548297.jpgc0301772_1548226.jpg


この半年間は長いようで短く、そしてたくさんのことがありました。

今あめくんがお世話になっている麻布大は、あめくんにとって5つ目の病院になります。
それまで各病院で診察を受けるたびに、悲嘆したり、喜んだり、やり切れない気持ちになったり、絶望的になったり、突然道が開けたり…たくさんのことを経験してきました。
でもどれをとっても1人では進んでこれなかったことです。
仲間がいて、支援者の方々がいて、みんなで力を合わせてここまで進んできました。
そしてそこにはいつも可愛いあめくんの笑顔がありました。

両親からも兄妹からも離れて、仲良くなったボラさんとも一時預かりさんとも離れて、1人で病院で過ごしてきたあめくん。
いろんな病院でたくさんの検査を受けてきました。
検査結果に喜んだり落ち込んだりする私達の横で「ぼく頑張るよ」といつも笑顔のあめくん。
そんなあめくんだから、どこに行ってもみんなに可愛がってもらえました(*^-^*)

あめくんはたくさんのことを教えてくれました。
1人ではできないことも、みんなで力を合わせば可能になること。
諦めないで前に進めば道が開けること。
あめくんは私達の希望です。

そしてこうやって十分な治療を受けることができるのも、あめくんを支えてくださる皆さまのご理解ご協力があってのものです。
発起人一同、心より感謝いたしております。

あめくんはもうすぐ心臓の手術を受けます。
あめくんの心臓には穴があいていて、その穴をふさがなければなりません。
手術では人工心肺装置を使うため、術中(術後)の死亡率が10%ついてまわります。

又あめくんには、産まれる時に消滅するはずの血管が既存しているという問題があります。
生きていく上では何も支障はありませんが、この血管がぐるりと心臓の周りをまわっているため、今回のように心臓を開いて手術をする時は問題になるそうです。
そのため術中(術後)の死亡率が少し上がり15%になると言われました。

以前まで手術を受ける予定だった日大では、肝臓と心臓に先天性疾患を持っているあめくんはすごく稀だということで、データ等を提出することを条件で手術費用を安くしていただけるということでした。
当時の私達は、あめくんには重篤な病気が肝臓と心臓にあることが判明して絶望的な気持ちでいました。
なので条件がなんであれ手術をしてもらえるのであれば是非!という思いでした。
後の検査の結果その日大では手術不適応ということになりましたが、たくさんの方々のご尽力のおかげで今の麻布大にたどり着きました。
ですので、麻布大での手術&検査費用などは通常料金が発生いたします。

あめくんと同じ心臓病の手術を麻布大では年間7件ほど行っているそうです。
それにかかる費用は75万円~90万円位だそうで、あめくんの場合は先ほど述べた血管の問題があるため10万円ほどプラスになるかもしれない、とのことでした。
結果あめくんの心臓手術には75万円~100万円かかることが分かりました。
手術後の入院費や前後の検査代等を含めると130万円は必要になるだろうと考えています。

現在あめくん基金には784,359円(詳細はセカンド固定をご覧ください)の寄付金が残っています。
あめくんの心臓手術に向けて、新たに50万円のご寄付のご協力をお願い申し上げたいと思っています。

このあめくん基金が立ち上がってすぐにからご寄付をいただいたり、また同じ方から毎月毎月ご寄付をいただいたりと、皆さまからの支えがあって成り立っているあめくん基金であります。
皆さまへは重ねてのお願いばかりで大変心苦しく思っております。
しかし、待ちに待った心臓手術がもうすぐそばまでやってきました。
あめくんの笑顔と、元気いっぱいに走ることができる未来のために、ご寄付のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

発起人一同
[PR]

by amekunkun | 2013-10-16 15:58 | 支援のお願い

あめくんとの出逢い

こんばんは。

みなさん、はじめまして!

あめくんを応援するお家に来てくださってありがとうございます。

今回、あめくんを応援してくださっているみなさんに、保護から元気になる姿まで、是非一緒に見届けて頂くことができればと思い、メンバーがリレー式であめくんの近況をお届することになりました。



立夏も過ぎ、あめくんが生まれた村では、今頃、田んぼからカエルの大合唱が聞こえるはずなのですが。。。



私とMattyさんは、あめくん基金集め隊のメンバーであり、計画的避難区域に指定された地域をメインに給餌を行っております。

あめくんとの出逢いは、TNRの前日、ダミーの設置へ赴いた時のことでした。

前日、TNRのリーダーTokuさんより、「ある○○さん家のセッターが妊娠していて、もうそろそろ生まれているかも知れないので、見てきてもらえる?」とのミッションを受け、ダミーの設置が終了した後に、その場所へ行きました。

車を○○さん家の敷地まで走らせると。。。
いました~♪
お母さんセッターと、4匹の子供達!
あめくん達は私達の車に少し驚いたようで、お母さんのそばへ行ってしまったり、どこかに隠れていってしまいました。

その小さなお尻を左右に振って逃げて隠れようとする姿、萌えすぎですっ!

それよりも、あめくん達が元気に生きていてくれていたことが確認できてとても嬉しかったです。
あめくん達の姿がなかったら。。。
想像したくありません。(涙)

あまりの嬉しさに、カメラ撮影がなかなか追いつかず、唯一撮れた写真がこの一枚だけなのです。
c0301772_22424849.jpg

ちょっと斜めですが、お許しください。

この時が、私達があめくんと初めて出逢った時でした。

犬舎に入っていますが、出入り自由なお家なんです。(笑)

まさかこの時、あめくんが心臓に重い病気を抱えていることなんて、想像さえしませんでした。
ぬいぐるみのようにギューッと抱き締めたい位のかわいらしさ。
真ん丸お目々。
黒いお鼻。
お口。
全てが愛おしすぎて!

でも、そのことを知る瞬間は確実に近づいていたのです。。。



ホワちゃん
[PR]

by amekunkun | 2013-05-10 23:30 | 支援のお願い